中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > 統計 > ケンタッキー:中国市場営業収入2%増にとどまる(2015年1―9月)

統計

総合工業企業


ケンタッキー:中国市場営業収入2%増にとどまる(2015年1―9月)

|トラックバック(0)|

 2015年10月7日、ケンタッキーフライドチキン、ピザハットなどを傘下ブランドとする、アメリカ大手飲食店チェーン、ヤム・ブランズが、2015年1月―9月の経営報告を発表した。

 報告によると、ヤム・ブランズの中国市場における2015年1月―9月販売収入は、2014年同期と比較して2.2%増加し、34億3000万ドル(約4126億2900万円)に達した。
 2015年1月―9月の純利益は、2014年同期比4.2%増の4億2100万ドル(約506億4600万円)であった。
 ヤム・ブランズ1月―9月業績は増加を維持したものの、増加幅は市場予測を大幅に下回った。原因としては、ヤム・ブランズ収益の大きな部分を占めている、中国市場において、業績の回復が予測通りに進まなかったことが挙げられている。


(China Press 2015:IT)

(10/07 10:50)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.