中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】


トップ > 資源・エネルギー > 1―4月:中国原子力発電設備平均利用時間は2353時間

資源・エネルギー

総合石炭・石油・ガス電気


1―4月:中国原子力発電設備平均利用時間は2353時間

|トラックバック(0)|

 2014年5月21日、中国国家エネルギー局が2014年1月―4月電力使用状況を発表した。

 報告によると、中国2014年4月の電力使用量は、2013年同期と比較して4.6%増加し、4356億キロワット時となった。1月―4月の電力使用量は、前年同期比5.2%増の1兆7145億キロワット時。

 1月―4月電力利用量の内訳は、第1次産業利用量が2013年同期比4.9%減の254億キロワット時。第2次産業利用量が前年同期比5%増の1兆2398億キロワット時。第3次産業利用量が前年同期比6.5%増の2116億キロワット時。一般家庭利用量が前年同期比6.6%増の2378億キロワット時。
 
 また1月―4月、中国全国発電設備の平均利用時間は、2013年同期と比較して36時間減少し、1389時間にとどまった。
 発電設備別に見た平均利用時間は、原子力発電設備が2353時間。火力発電設備が1620時間。水力発電設備が809時間。風力発電設備が656時間となっている。


(China Press 2014:IT)

(05/21 17:19)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.