環境への取り組み

私たちは地球環境に配慮していくことの重要性、そして責任を強く感じています。

いま地球規模で環境問題が深刻さを増す中、従来以上の抜本的な環境対策が緊急の課題となってきています。こうした状況の中、わが社は環境に配慮した企業努力を行っています。

 

 

弊社の環境配慮型の企業活動につきましては、日本経済産業省からも評価をいただき、
平成25年には、関東経済産業局「経営改善事例集」のモデルケースとしても選出されました。

関東経済産業局「経営改善事例集」より抜粋

廃棄物を有価物に
日中交流サービスセンターは、国内大手製造業者や情報通信事業者などから、それまで廃棄物として排出されていたものを有価物として引き取りリサイクルする事業、事業者から排出されたものを高度に再生・精製し、バージン素材にして製造業に戻す事業を行っています。
排出事業者としては、廃棄物処理コストの大幅な削減が可能になる資源の国内循環モデルです。日本全体のマテリアルフローを環境配慮型に変え得るモデルの試行であり、企業の経済性、企業内マネジメントシステムのブラッシュアップにも寄与するなど、多くの社会的・企業的メリットを持つ興味深いビジネスモデルです。
その他、事業者から排出されたものを元の素材に戻す「価値のリサイクル」、レアメタルなどの希少資源を国内で循環させる事業も行っています。

経済産業省リンク

⇒ リンク先
「中小企業向け経営改善事例集~環境視点が企業を変革する~第1集」
「サービス業企業一覧」に弊社事例が掲載されております。

日中交流サービスセンター事例直接リンク