社長挨拶

世界のあらゆる物事において、静止とは相対的なものであり、運動とは絶対的なものです。

交流は運動であり、交流は生命力です。交流は人々の間にある偏見・憎しみ・貧困を消し、理解を促進し、共存と繁栄をもたらします。

この「交流」を促進していくため、皆様に優良な「サービス」を提供していくことが我々の企業の経営理念です。

 

日中交流サービスセンターは、1993年に設立して以来、23年間にわたって日中両国民交流の「架け橋」として、観光・留学・投資・貿易など、人的・物的交流に対し、全力で優良な「サービス」を提供し、成果を挙げてきました。

23年間の奮闘と不断の前進によって、弊社の企業文化は形成されてきました。

 

我々は「会社と家の幸福を共に追求し、社会に貢献すること」 を理念としています。

「長期的な安定、持続した発展」 を実現することが我々の方針です。

「日本と中国に立脚し、世界に向けてサービスを提供する」ことを主旨とし、

「ゼロから開始し、絶え間なく改革を実施する」ことを行動指針に定めています。

2010年に発展計画を制定してから、5年間が過ぎました。現在我々の会社は貿易あり、実業あり、サービスあり、メディアありの総合商社となることを目指し、全社をあげて邁進しております。

我社が選んだ共存共栄の道は、進むごとに広くなっています。

長年の友人による、変わらぬ支持に感謝いたします!

そして新たな友人の参入を常に歓迎いたします!

日中交流サービスセンター株式会社
代表取締役 王 伝江

最近の記事

カテゴリー