中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > 総合 > 日産自、「エクストレイル」の特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」を発売

総合


日産自、「エクストレイル」の特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」を発売

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2015/12/16
日産自動車株式会社
代表取締役社長 カルロス・ゴーン

「エクストレイル」を一部仕様向上、自動ブレーキを全グレード標準装備に
~特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」を追加~

 日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:カルロス ゴーン)は16日、「エクストレイル」を一部仕様向上し、全グレードに自動ブレーキ(エマージェンシーブレーキ)を標準装備するとともに、エクストレイルの人気装備を装着しながら割安な価格設定とした特別仕様車「20Xt エマージェンシーブレーキパッケージ」を、同日より全国一斉に発売すると発表しました。また、今回の変更にあわせ、ガソリン車の2WDモデル、およびハイブリッド車に、お買い求めやすい価格の「20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」を追加しました。

 「エクストレイル」は、高い4WD性能を誇るALL MODE 4×4-iに、世界初採用のシャシー制御技術を組み合わせて実現した走行性能の高さ、またエマージェンシーブレーキやインテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターをはじめとするさまざまな安全装備が、お客さまから好評を得ています。また、5月に発売したハイブリッド車は、全車免税の達成に加え、2.5リッターガソリンエンジン車を凌駕するパワフルな加速性能や、高い静粛性などが高く評価され、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー10ベストカー、および2016年次RJCカー・オブ・ザイヤ―6ベストカーに選出されました。

 今回の一部仕様向上では、エクストレイルの全グレードにエマージェンシーブレーキおよび、ドライバーが意図せずに車線を逸脱しそうな時に警報で注意喚起する「LDW(車線逸脱警報)」、万一アクセルペダルを誤って踏み込んでしまったとき、急加速による衝突回避を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備としました。また、ガソリン車全車に暖房の効きを早める「PTC素子ヒーター」を標準装備するとともに、ハイブリッド車の「20X」および「エクストリーマーシリーズ」にはリモコンオートバックドアを標準装備とし、更に快適性と利便性の向上を実現しました。
 また新色として、雄大なサバンナの大地を照らす太陽の力強い色をイメージした「キャニオンブロンズ」を採用し、カラーバリエーションを充実しました。(*1)

 グレード構成では、2WDのガソリン車および、ハイブリット車に「20S“エマージェンシーブレーキパッケージ”」を追加設定。ガソリン車の2WDモデルは車両本体価格を220万円台とすることで、より幅広いお客さまにエクストレイルをお選びいただけるようになりました。
 また、エクストレイルで人気のオプションを標準装備した特別仕様車「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をガソリン車に追加しました。「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」はLEDヘッドランプ、フォグランプ、リモコンオートバックドア、ルーフレールとあわせて、インテリジェントパーキングアシスト付のアラウンドビューモニターやナビゲーションシステムを搭載し、オプションで装着した場合に比べ約11万円割安な価格設定としました。また、「20Xt“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、より精悍で力強いスタイルの「20Xt ブラック エクストリーマーX“エマージェンシーブレーキパッケージ”」も設定しました。

 日産は、セーフティーシールド「クルマが人を守る」という、より高度で積極的な安全に考え方に基づく技術開発、ならびに予防安全技術の標準化を進めており、更なる交通事故低減を目指しています。

 *1:「ブラックエクストリーマーX」は設定なし。

 「エクストレイル」の詳細情報はこちらからご覧ください。

 >WEBカタログ
 http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/

 >エコカー減税サイト
 http://www2.nissan.co.jp/EVENT/TAX/X-TRAIL/

日産自動車株式会社
URL:http://www.nissan.co.jp/
〒1048023
東京都中央区銀座六丁目17番1号
                                以 上

(12/17 12:53)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.