中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > ホンダ、家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを一部改良し販売

プレスリリース

総合製品情報


ホンダ、家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを一部改良し販売

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2015/08/31
本田技研工業株式会社
代表取締役社長 伊東 孝紳

家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを一部改良

 Hondaは、ガスエンジンで発電し、その際に生じるエンジンの排熱を利用して給湯や暖房を行う家庭向け熱電併給システム「エコウィル(ECOWILL)」(※1)ならびに自立運転機能付き「エコウィルプラス(ECOWILL PLUS)」(※1)のコアユニットとして好評の家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニットを一部改良し、エコウィル用は2015年9月より、エコウィルプラス用は2016年1月に、各ガス事業者などへの販売を開始します。
 この新型の家庭用ガスエンジンコージェネレーションユニット「MCHP1.0K3」ならびに自立運転機能付きユニット「MCHP1.0R1」は、負荷追従発電制御機構を新たに採用。家庭の消費電力に合わせて、発電電力を0.7~1kWの間で可変制御することで余剰電力を減らし、自家発電時間を増やすことが可能となりました。これにより、電力会社から購入する電力量が削減され、給湯暖房ユニットと組み合わせて家庭で負担する光熱費は、電気をすべて購入した場合に比べて年間約5万7,000円(※2)節約できます。
 さらに、家庭用ガスコージェネレーション機器では日本初(※3)となる多数台連系認証(※4)を取得。これにより、太陽光発電など、ほかの小型分散型発電機器との組み合わせによる約1ヵ月間の連系確認試験(※5)が不要となり、迅速な設置が可能となりました。
 Hondaは、ガスエンジンと発電技術「正弦波インバーター」を組み合わせた小型発電システムによる家庭用小型コージェネレーションユニットを2003年より販売し、2011年には、世界で初めて(※6)実用化された複リンク式高膨張比エンジン「EXlink(※7)(エクスリンク)」を搭載。EXlinkと独自の発電技術により、発電効率26.3%(※8)を実現するとともに、一次エネルギーの利用率92.0%(※9)を達成しています。
 さらに2012年には、東日本大震災後の防災意識の高まりを反映し、停電時でも起動を可能にした自立運転機能付き発電ユニットを発売しました。
 これらの発電ユニットと排熱を利用する給湯暖房ユニットで構成されるシステムは、「エコウィル」のブランドで各ガス事業者などから販売され、累計13万戸超(※10)に設置されています。
 Hondaは、ホームパワージェネレーション事業を通して、エネルギーを家庭で創る「家産・家消」による低炭素社会の実現に貢献していきます。

 ※1大阪ガス株式会社の登録商標
 ※2ガス事業者による試算(2015年8月調べ)。金額は、各ガス事業者の料金プランなどにより変化する
 ※3Honda調べ(2015年8月現在)
 ※4一般社団法人 日本電機工業会の規格。電圧低下や周波数低下時における運転継続(FRT:Fault Ride Through)要件を満たす認証試験
 ※5電気事業者から求められる、住宅用太陽光発電システム等複数台連系時の単独運転検出機能の確認試験
 ※6Honda調べ
 ※7Extended Expansion Linkage Engineを意味する造語でHondaの登録商標
 ※8低位発熱量(LHV)基準
 ※9HondaガスエンジンコージェネレーションユニットからのLLC出湯温度75℃での値。低位発熱量(LHV)基準
 ※10 Honda調べ(2015年7月末現在)
 ※11 Pがつくユニット名称はLPガス使用

●お客様お問い合わせ先
 本田技研工業株式会社 汎用パワープロダクツ事業本部ホームパワージェネレーション事業室
 〒351-0024 埼玉県朝霞市泉水3-15-1
 TEL 048-462-5885(受付時間:9時~12時 13時~17時 土日・当社休業日を除く)

本田技研工業株式会社
URL:http://www.honda.co.jp/
〒1078556
東京都港区南青山2-1-1
                                以 上

(09/01 11:28)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.