中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > シャープ、静電容量方式タッチパネル採用の80V型タッチディスプレイ「BIG PAD」を発売

プレスリリース

総合製品情報


シャープ、静電容量方式タッチパネル採用の80V型タッチディスプレイ「BIG PAD」を発売

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2015/04/27
シャープ株式会社
代表取締役社長 高橋 興三

高感度・高精度の静電容量方式タッチパネル採用で、さらに快適な操作感と書き心地を実現
80V型タッチディスプレイ“BIG PAD”<PN-L803C>を発売

 シャープは、静電容量方式タッチパネル採用により、快適な操作感と書き心地を実現した大画面の80V型タッチディスプレイ“BIG PAD”<PN-L803C>を発売します。

 本機は、当社が独自に開発した高感度・高精度の静電容量方式タッチパネルを採用。ペンや指でのタッチ位置をさらにきめ細かく検出できるので、誤作動の少ない快適な操作感を実現したほか、従来機(※1)に比べ約1/2となる約15mm角の小さな文字の書き込みも可能となりました。
 さらに、薄型軽量化も追求した前面フルフラットのスタイリッシュな本体デザインです。オフィスで会議用に使用するだけでなく、本機を横並びに複数台設置し既存の黒板と置き換えて使用したり、縦置き設置で大画面タッチサイネージとして使用するなど、利用シーンが拡がります。
 無線LAN環境下で本機とモバイル端末を連携(ワイヤレスリンク)し、画面の共有や双方向書き込みができるミーティング支援ソフト「タッチディスプレイリンク(※2)(※3)」を同梱しています。そのほか、様々なファイル形式のデータ(※4)をタッチ操作で手軽に使用できるアプリケーション「SHARPタッチビューアー」など、効率的なミーティングをサポートするソフトも充実しています。

 ・品名:タッチディスプレイ
 ・愛称:BIG PAD(◇)
 ・形名:PN-L803C
 ・希望小売価格:オープン
 ・発売日:2015年8月上旬
 ・月産台数:500台

■主な特長
 1.高感度・高精度の静電容量方式タッチパネル採用により、さらに快適な書き心地を実現
 2.フルフラットデザインと薄型軽量設計によるスタイリッシュな本体設計で、様々な設置が可能
 3.ミーティング支援ソフトをはじめ、大画面を活かした効率的なディスカッションをサポートするアプリケーションが利用可能

 ※1 当社従来機種(PN-L802B:2012年1月発売)。
 ※2 別途ネットワーク環境および無線LAN機器が必要となり、イントラなどの同一ネットワーク上のBIG PADとモバイル端末間のみ利用可能です。26台以上のモバイル端末を接続される際は無線LAN機器が2台以上必要になる場合があります。動画・音声は別途TV会議システムが必要です。
 ※3 同時接続できるモバイル端末の最大台数は50台です。詳細については、カタログまたはウェブサイトの製品情報をご確認ください。
  (http://www.sharp.co.jp/lcd-display/corporate/)
 ※4 閲覧可能ファイル:Microsoft(R) Office Word(R)/Excel(R)/PowerPoint(R)ファイル、PDFファイル、WebページのURL、JPEG/PNG/BMPファイル。
  動画:WMV/AVI/MP4/FLV(ご使用のPCに各動画ファイル形式のコーデックがインストールされている必要があります)。
  Officeファイルの閲覧・編集には、別途PC/コントローラー等にOfficeアプリケーションがインストールされている必要があります。

 本製品に関する情報は、以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
 http://www.sharp.co.jp/business/lcd-display/

 ●Microsoft、Word、PowerPoint、Excel、Windowsは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

【お問い合わせ先】
 お客様:
 ビジネスソリューション事業推進本部 ビジュアルソリューション事業部
 商品企画部
 (0743)55-6373

シャープ株式会社
URL:http://www.sharp.co.jp/
〒5458522 
大阪市阿倍野区長池町22番22号
                                以 上

(04/27 12:53)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.