中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > シャープ、温風で布団のダニを強力に吸引するサイクロンふとん掃除機「コロネ」を発売

プレスリリース

総合製品情報


シャープ、温風で布団のダニを強力に吸引するサイクロンふとん掃除機「コロネ」を発売

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2015/04/22
シャープ株式会社
代表取締役社長 高橋 興三

温風で布団のダニ(※1)を引きはがして強力に吸引する業界初(※2)の「ヒートサイクロン」を搭載
サイクロンふとん掃除機Cornet(コロネ)<EC-HX100>を発売

 シャープは、熱を嫌うダニ(※1)の習性に着目、掃除機内部で発生する熱を利用した温風を布団に吹き付けてダニ(※1)を布団の繊維から引きはがし、強力に吸引する業界初(※2)の「ヒートサイクロン」を搭載したサイクロンふとん掃除機「Cornet(コロネ)」<EC-HX100>を発売します。
 布団に生息するダニ(※1)は、掃除機で吸い込もうとすると鋭い爪で繊維にしがみつきますが、約40℃の熱を加えると、熱を嫌って逃げ出そうとします(※3)。
 本機は、業界初(※2)の「ヒートサイクロン」を搭載。本体内部のモーターなどで発生する熱を利用した温風を布団に吹き付けダニ(※1)を繊維から引きはがし、強力な吸引力と「たたきパワーブラシ」で布団のダニ(※1)やアレル物質(ダニ(※1)の糞・死がい)を除去(※4)(※5)します。使用する温風は、掃除機内部で発生する熱を利用するので消費電力も少なく、さらに温風の温度が上がりすぎないように過熱防止機能も搭載しているので布団へのダメージも抑えます。
 また、吸い込んだダニ(※1)は、遠心分離サイクロンの高速旋回気流により99%以上死滅(※6)します。もちろんダストカップとフィルターはまるごと水洗いができるので清潔です。
 加えて、吹き付ける温風とプラズマクラスターにより枕などの気になる臭いも消臭(※7)でき、温風により布団も心地よくふっくらさせます。
 さらに、アルミ合金製のモーターを採用するなど質量2.4kgの軽量ボディを実現。本体の持ち手は、使用する場所の高さにあわせてグリップ位置を変えることができるラウンドハンドルを採用しており楽に掃除することができます。

■主な特長
 1.温風で布団のダニ(※1)を引きはがして強力に吸引する業界初(※2)の「ヒートサイクロン」を搭載
 2.温風とプラズマクラスターで、枕などの気になる臭いを消臭(※7)
 3.質量2.4kgの軽量ボディと持ちやすいラウンドハンドルでベッドや敷き布団も掃除が楽に

 ※1 ヒョウヒダニの虫体
 ※2 国内家庭用電気掃除機において。本体内部の熱を利用した温風を本体底面から吹き出しサイクロンで吸引する方式を搭載。
     2015年5月21日発売予定。当社調べ。
 ※3 当社調べ。当社製掃除機を使った原理モデルによる試験環境での実証結果より。周囲温度や環境によって異なります。
 ※4 【試験機関】(株)ビアブル 【試験方法】生きたヒョウヒダニを寝具上に散布し本機で吸引【試験結果】99%以上除去。
     寝具のすべてのダニを取り切れるわけではありません。
 ※5 【試験機関】(株)ビオスタ【試験方法】ダニの糞・死がいを含むアレル物質を混合した汚染物を寝具上に散布し本機で吸引
     【試験結果】99%以上除去 寝具のすべてのアレル物質を取り切れるわけではありません。
 ※6 【試験機関】(株)ビアブル 【試験方法】生きたヒョウヒダニを寝具上に散布し本機で吸引し、カップ内ダニ死滅率を測定
     【試験結果】99%以上死滅。
 ※7 【試験機関】:当社調べ 【試験方法】:加齢臭・体臭のニオイ成分(ノネナール)を染み込ませた寝具上で本機をゆっくり(10cm/秒)一往復運転。消臭効果を6段階臭気強度表示法にて評価。【試験結果】気にならないレベルまで消臭。ニオイの種類・強さ・対象物の素材・本体を動かす速さなどによって、消臭効果は異なります。

 *プラズマクラスターはシャープ株式会社の登録商標です。

■お問い合わせ先
・お客様相談センター:
 フリーダイヤル 0120-078-178(固定電話/PHS)
 ナビダイヤル 0570-550-449(携帯電話)
 http://www.sharp.co.jp/support/inq_echo_wg.html

シャープ株式会社
URL:http://www.sharp.co.jp/
〒5458522 
大阪市阿倍野区長池町22番22号
                                以 上

(04/22 14:45)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.