中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > シャープ、交通監視用カメラ向け1/1型600万画素CCDを開発し発売

プレスリリース

総合製品情報


シャープ、交通監視用カメラ向け1/1型600万画素CCDを開発し発売

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2015/01/27
シャープ株式会社
代表取締役社長 高橋 興三

業界最高(※1)感度1,450mV(※2)を実現、近赤外光下(※3)の撮影にも対応
交通監視用カメラ向け1/1型600万画素CCDを開発、発売

 シャープは、業界最高感度1,450mVを実現した交通監視用カメラ向け1/1型600万画素のCCD3機種<RJ3DT3AF0LT/RJ3DT3AD0DT/RJ3DT3AA0DT>を開発、発売します。

 ITS(高度道路交通システム)などに用いられる交通監視用カメラは、昼夜を問わず、走行車両の情報やナンバープレートを識別する必要があるため、高解像度で高速撮影が可能なイメージセンサが求められます。
 本CCDは、光を電気信号に変換する領域を拡大。道路を幅広く撮影できる600万画素の高精細イメージセンサにおいて、業界最高の可視光感度1,450mVを実現しました。また、可視光より波長の長い近赤外光下での撮影にも対応し、明るいシーンから肉眼ではとらえられない暗闇のシーンまで鮮明に撮影できます。また、600万画素の画像を1秒間に30枚(※4)出力することで、高精細で滑らかな映像の撮影が可能です。

 当社は、監視・車載・医療向けに40万~800万画素のイメージセンサを幅広くラインアップし、“iSHartina.”(※5)(アイ・シャルティナ)の愛称とともに広く展開しています。

 品名:1/1型 600万画素CCD
 タイプ:プログレッシブタイプ(※6)
 形名:RJ3DT3AF0DT(4ch出力)
     RJ3DT3AD0DT(2ch出力)
     RJ3DT3AA0DT(1ch出力)

 サンプル価格(税込み):60,000円
 量産開始:2015年1月30日
 月産個数:計2,000個

■主な特長

1.業界最高の可視光感度1,450mVと近赤外光下での撮影を実現、
 明るいシーンから肉眼ではとらえられない暗闇のシーンまで鮮明な撮影が可能
2.600万画素の画像を1秒間に30枚出力でき、高精細で滑らかな映像を実現

 ※1:2015年1月27日現在。1/1型600万画素イメージセンサにおいて。シャープ調べ。
 ※2:照度2,500lux、反射率90%の反射板をF5.6の光学系を用いて蓄積時間1/30秒で撮影した時のG信号の平均出力。
 ※3:目に見えない赤外線を照射した照度0luxの環境において。
 ※4:4ch出力に対応したRJ3DT3AF0DTにおいて(RJ3DT3AD0DTは1秒間に15枚出力、RJ3DT3AAODTは1秒間に8枚出力)。
 ※5:iSHartina.はシャープ株式会社の商標。当社のイメージセンサ関連デバイス(CCD/CMOS/DSP)の愛称です。
 ※6:映像をディスプレイに出力する走査方式の一つ。全ての走査線を一度に処理するため、動きの速い被写体を撮影した場合でもブレの発生が抑制されます。

【お問い合わせ先】
・お客様:電子デバイス事業本部 センシングデバイス事業部 第二企画部
 (084)940-1225

シャープ株式会社
URL:http://www.sharp.co.jp/
〒5458522 
大阪市阿倍野区長池町22番22号
                                以 上

(01/27 16:40)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.