中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > 面倒なインクの詰替えを自動で行う、オートインクチャージャー「ほっとけインク」が新発売! 12月19日よりキャノン製のカートリッジ対応でスタート

プレスリリース

総合製品情報


面倒なインクの詰替えを自動で行う、オートインクチャージャー「ほっとけインク」が新発売! 12月19日よりキャノン製のカートリッジ対応でスタート

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2014/12/15
株式会社AJAX
代表取締役社長 金子 瑞恵

「こういうのいいね」をテーマに、OAサプライや家電商品の開発・販売を行う株式会社AJAX(本社:埼玉県吉川市、代表取締役:金子瑞恵)では、2014年12月19日よりオートインクチャージャー「ほっとけインク」を発売します。

▼オートインクチャージャー「ほっとけインク」:http://www.ajaxjp.com/products/htkink.html

■詰替え機にカートリッジをセットするという新発想

純正インクは高価であるため、詰替えインクを利用する方は多いですが、特殊な器具が必要であったり、塗料が跳ねたりするなどして、周囲を汚してしまうことは珍しくありません。互換インクも同様で、取り替え作業中にチップ部分が折れるなど、毎回細かい作業が必要です。

この度弊社が販売する「ほっとけインク」は、自動インク詰替えシステムの本体に、利用中のカートリッジをセットするだけで、インクの詰替えが可能。インク漏れの心配なく、安価な補充用インクが使えます。

今回リリースするのは、キャノン製のインクジェットプリンタ「BCI-350シリーズ」などに対応する5色インクの製品。インクが切れたカートリッジを本製品にセットして、3分ほど待つだけで自動的にインクの詰替えが完了します。

チャージャーを利用すれば、トータルで約12~15回の詰替えができるため、印刷のランニングコストを押さえられます。また、コストパフォーマンスに優れているだけでなく、純正インクと同等成分の補充用インクを用意しているので、印刷品質も、ほぼ同様です。

■日本では実用新案の取得、アジア各国でも特許を取得

これまでは、カートリッジに対して針を挿してインクを充填するなどの手作業であったのに対して、「ほっとけインク」は、オートで作業が完了します。
その仕組みは、韓国での特許や、日本と中国で実用新案を取得するなど、発想だけでなく技術と性能が認められています。

利用者は、カートリッジをセットするだけで必要量のインクが充填されるので、インク詰替えの手間がなくなりインク代も10分の1以上に節約。リサイクルの面においても、詰替えることで、捨てられるカートリッジが少なくなるためゴミの削減と資源の節約につながります。

当商品の企画・開発段階では、5色インクが主流でしたが、現在ではメーカー各社が6色インクも展開しているため、弊社では今後そのような製品にも対応する予定です。

また、対応する機種もキャノン製のプリンタだけでなく、他社の各機種にも広げます。現在は、HP製プリンタ対応の製品がほぼ完成段階。今後は、EPSONとBrotherプリンタに対応できる詰替え器を開発してまいります。

【商品仕様】
商品名:オートインクチャージャー「ほっとけインク」
サイズ:220 x 190 x 85 (mm)
重量:約1550g
色・柄:ブラック
材質:ABS樹脂、シリコン
付属品:取扱説明書、保証書、注射器
保証情報:1年間無償保証

<パッケージ内容>
本体:インク(5色:PGBK、BK、C、M、Y)※インクは予め充填されています。
取扱説明書、保証書
型番と対応カートリッジ
C535:BCI-350/BCI-351シリーズ
    BCI-355/BCI-356シリーズ

※グレー色は未対応
C532:BCI-320/BCI-321シリーズ
BCI-325/BCI-326シリーズ
※グレー色は未対応
C73e:BCI-3e/BCI-7e/BCI-9BKシリーズ

【本件に関するお問合せは下記まで】
株式会社AJAX
〒342-0036 埼玉県吉川市高富958-5
担当者氏名:李 容仁
Tel:048-972-6650
Fax:048-972-6651
e-mail:info@ajaxjp.com
URL:http://www.ajaxjp.com/
事業内容:生活雑貨、家具、AV機器の販売・企画・製造
                                 以 上

(12/15 11:19)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.