中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > プレスリリース > ホンダ、上質な乗り心地と静粛性の新型ハイブリッドセダン「GRACE(グレイス)」を発売

プレスリリース

総合製品情報


ホンダ、上質な乗り心地と静粛性の新型ハイブリッドセダン「GRACE(グレイス)」を発売

|トラックバック(0)|


報道関係者 各位
ニュースリリース
2014/12/01
本田技研工業株式会社
代表取締役社長 伊東 孝紳

新型ハイブリッドセダン「GRACE(グレイス)」を発売

 Hondaは、新型ハイブリッドセダン「GRACE(グレイス)」を12月1日(月)に発売しました。

 グレイスは「コンパクトセダンの革新」をコンセプトに、5ナンバーサイズの扱いやすさやコンパクトカーの優れた燃費性能と、アッパーミドルセダンのような広い室内や堂々としたスタイル、高い質感、しなやかな走りを融合した、新時代のコンパクトセダンです。
 コンパクトセダンながらも、ロングホイールベースで堂々としたスタイルの中に、Honda独創のパッケージングによりアコード ハイブリッドに迫るリア席空間を実現。上質な乗り心地と静粛性があいまって、乗員皆がくつろげる心地良いドライブを可能にしています。
 パワートレインには、1モーターシステムでありながらEV発進を可能にしたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド)i-DCD」(※1)を搭載し、ハイブリッドセダンNo.1(※2)となる34.4km/L(JC08モード)(※3)という低燃費と、レスポンスよく力強い走りを両立しています。また、5ナンバーハイブリッドセダンとして初めて(※4)となる4WD車もラインアップ。優れた燃費性能に加え、寒冷地や降雪地域での運転にも、さらなる安心感をもたらします。
<ネーミングに込めた想い>
 GRACE(グレイス)とは、英語で「優美」、「思いやり」を意味します。セダンとして、大切な人と過ごす時間を包み込む存在でありたい。その想いをネーミングに込めました。

 ※1 i-DCDは、Intelligent Dual Clutch Drive(インテリジェント・デュアル・クラッチ・ドライブ)の略
 ※2 プラグインハイブリッド車を除く。Honda調べ(2014年10月現在)
 ※3 HYBRID DX(FF)、HYBRID LX(FF)。国土交通省審査値
 ※4 Honda調べ(2014年10月現在)

●販売計画台数(国内・月間) シリーズ合計3,000台

【グレイスの主な特長】

■アッパーミドルセダンに迫る広さを持った快適な室内空間とパッケージ
 ・日本で扱いやすい5ナンバーサイズのコンパクトなボディーでありながら、アッパーミドルセダンに迫る広々とした室内空間を実現。ロングホイールベースに加え、リアシートの位置を最大限後方に配置することで、アコード ハイブリッドにも匹敵するリア席足元のスペースを生み出しています。
 ・リアシートを後方に配置する一方、リアドアの開口部を拡大して乗降性にも配慮。
 ・430L(※5)の容量を持つ広く使い勝手の良いトランクルーム。コンパクトに設計したIPU(インテリジェントパワーユニット)を床下に収納することで、ハイブリッド車ながらもトランクスルーを可能としています。

 ※5 FF車の場合。床下収納スペース(4L)を含む。数値はVDA方式によるHonda測定値

■ハイブリッドセダンNo.1の低燃費と力強い走りを実現するSPORT HYBRID i-DCD
 ・1.5LアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジンに高出力モーターを内蔵した7速DCTと、リチウムイオンバッテリー内蔵のIPUを組み合わせたSPORT HYBRID i-DCDを採用。ハイブリッドセダンNo.1となる34.4km/Lの低燃費を実現しています。
 ・ハイブリッドセダンとして5ナンバークラス初となる4WDを設定。軽量でコンパクトなビスカスカップリング式4WDシステムを採用することで、ハイブリッド車ならではの低燃費に加え、寒冷地や降雪地域での運転にさらなる安心感をもたらします。

■セダンらしい堂々とした車格感のあるエクステリアデザイン
 ・コンパクトセダンながらも、しっかりと長さをとったボンネットや、車格感、ゆとりを感じさせるロングホイールベースによる伝統的なセダンスタイルの中に、クーペのような流麗なフォルムを融合。
 ・プラチナメッキ仕上げのフロントグリルと、4灯式LEDヘッドライト(※6)を一つのつながりとし、先進感、ワイド感を強調したHondaのデザインアイデンティティー「ソリッド・ウイング・フェイス」を採用。
 ・トランクリッドまで伸びたLEDリアコンビネーションランプとクロームメッキのリアライセンスガーニッシュを一つに繋げることで、5ナンバーサイズながらも上級クラスのような堂々とした車格感のあるデザインとしました。

 ※6 HYBRID LX、HYBRID EXに設定

■乗る人をもてなす上質で快適なインテリアデザイン
 ・包み込まれるような心地良さを感じさせるインストルメントパネルデザインや、メタル調の輝き、形状、ソフトパッドパネルの触り心地や縫製表現など、細部にわたり上質感を感じさせ、乗る人をもてなす空間の実現を目指しました。
 ・リアシートは、クッションの厚みや硬さ、表皮の柔らかさ、触り心地から背もたれの角度まで、徹底的にこだわり開発。上級セダン同等の作りとすることで、まるでソファのような快適で包まれ感のある座り心地を実現しています。
 ・センターコンソールの背面にリア席用のエアコンアウトレットを設置し、また、スマートフォンの充電にも活用できるアクセサリーソケットを、フロント席用の1つに加えリア席にも2つ装備(※7)。オーディオのスピーカーも、インナードアハンドル前に設置した前後計4つのツィーター(※7)を含めた8スピーカーを採用するなど、乗る人へのおもてなしに心をつくした快適な空間としています。

 ※7 HYBRID EXに設定

■上質な移動の時間に貢献するこだわり抜いた乗り心地と静粛性
 ・サスペンションは、受け止める力の大小に応じて力の伝え方を振り分ける、入力分離式ダンパーマウントの採用により、上質な乗り心地を実現。
 ・騒音の進入源となる隙間対策を徹底。遮音・吸音材の適切な配置やフロントドアガラスの厚み増加など、静粛性に有利な構造のセダンボディーをさらに磨き上げ、快適に移動できる高い静粛性を達成しています。

■先進の安心・安全性能をコンパクトボディーに凝縮
 ・Honda独自のGコントロール技術による自己保護性能と、相手車両への攻撃性低減を両立した「コンパティビリティー対応ボディー」や、万が一の際に歩行者へダメージを与えやすいボディー前部に、衝撃をやわらげる構造の「歩行者傷害軽減ボディー」を採用。
 ・事故の未然防止を目指すアクティブセーフティーは、「VSA(車両挙動安定化制御システム)」や「ヒルスタートアシスト機能」に加え、急ブレーキ時に後続車へ注意を促す「エマージェンシーストップシグナル」を全タイプに標準装備。
 ・30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」、「サイドカーテンエアバッグシステム」と「前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)」をセットにした「あんしんパッケージ」をタイプ別にオプション設定。

■助手席回転シート車
 ・グレイスが持つ乗降性の良さを活かし、助手席回転シート車を設定。ベース車両のデザインや乗り心地、ホールド性はそのままに、座面クッションの先端を滑らかにして乗降性を高めるなど乗り降りのしやすさに配慮した専用シートを採用しています。
 ・レバー操作によるスムーズなシート回転を実現するとともに、回転時の足もとスペースにゆとりを持たせ、乗り降り時の負担を軽減。

●お客様からのお問い合わせは、
 「お客様相談センター 0120-112010(いいふれあいを)」へお願い致します。

本田技研工業株式会社
URL:http://www.honda.co.jp/
〒1078556
東京都港区南青山2-1-1
                                以 上

(12/02 12:42)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.