中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

11月20日相場状況

|トラックバック(0)|

<原油>

WTI原油先物   56.64
Brent原油先物   62.63

API原油在庫 (11月14日発表) +651万バレル
EIA原油在庫 (11月15日発表) +185万バレル

イラン核開発問題が、どのように推移していくかに注目が集まっています。
イランは2015年に、アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・中国・ロシア6カ国と、核合意を締結。イランが核開発を縮小する引き換えに、欧米はイランへの制裁を緩和することに合意しました。

ただし、合意がイラン核開発の全面停止でなかったため、イスラエルを中心に反対の声も大きい状態でした。

2016年に入って、IAEAが、イランの核開発縮小を確認したため、
各国は制裁解除を進めていましたが、アメリカではトランプ大統領が、
再度制裁を強化する方針を明らかにしています。

ウズベキスタンが、イランからの原油購入を検討しているとのニュースも流れています。

<為替・金先物>

20日の為替市場は、先週に引き続き、
円高ドル安傾向をしめしています。
ドル安を受けて金先物も上昇しました。

現地22日(日本23日)には、FOMCの議事録が発表される予定で、
注目が集まっています。

ニューヨーク金先物 1292.2

<銅>

LME銅 6772.0

銅は引き続き下落しています、
日本銅建値は、先週16日に1万円下げの80万円に調整されました。

<株式>

11月17日のダウ平均株価は大きく下落。
アメリカ税制改革が順調に進んでいないことが、足を引っ張っています。

円高の影響などを反映し、週明け20日の日経平均も小幅に下落しています。


<ニュース>

ジンバブエでは、ムガベ大統領が大統領を辞任しない方針を示しました。
今後は大統領の弾劾手続きが進められる見込みです。

イギリスではエリザベス女王が結婚70周年を迎えました。

日本は、新たに対地巡航ミサイルを開発する方針を明らかにしました。

(11/20 17:04)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.