中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

11月10日相場状況

|トラックバック(0)|

<原油>

WTI原油先物   57.02
Brent原油先物   63.76

API原油在庫 (11月7日発表) -156万バレル
EIA原油在庫 (11月8日発表) +224万バレル

中東では、イエメン問題に加え、
レバノン問題が深刻化し、地政リスクが上昇しています。

レバノンのハリーリー首相は、
4日に訪問先のサウジアラビアで、辞任を表明しました。

レバノンでは、サウジアラビア(スンニ派)と、
イラン(シーア派)が影響力を競っており、
ハリーリー首相はサウジアラビア寄りとみられています。

9日、サウジアラビアは、レバノンに駐留している自国市民に対し、
できるだけ早く出国するよう通告を出しました。

<為替・金先物>

ドルは下落傾向をしめしています。
アメリカでは、法人税引き下げを含む税制改革案が、
先送りされる可能性が高くなったとの見方が広がり、ドルが売られています。

ニューヨーク金先物 1277.86

<銅>

LME銅 6820.0

銅は引き続き下落し、
日本銅建値は、10日に2万円下げの81万円に調整されました。

<株式>

11月9日のダウ平均株価は大きく下落。
上述の、法人税引き下げが遠のいたとの報道から、
大きく下落しました。
アメリカ株安の影響を受けて、10日午前の日経平均も下落しています。

<ニュース>

中国を訪問していたアメリカのトランプ大統領は、
10日からベトナムを訪問する予定です。

ベトナムでは10日からAPEC首脳会議が開催され、
安倍総理、習近平主席、トランプ大統領、プーチン大統領なども出席を予定しています。

アメリカが抜けたことで、成立が不透明になっていた、
TTPがアメリカ抜きで発足することがほぼ合意しました。

(11/10 12:39)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.