中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

11月2日相場状況

|トラックバック(0)|

<為替>

ドルが大きく反落しています。
アメリカでは、パウエル氏がFRB議長に指名される可能性が高いとの報道が流れました。
パウエル氏はハト派で、利上げに慎重な立場を示しているため、
ドルが売られる動きが広がりました。

<原油>

WTI原油先物   54.33
Brent原油先物   60.38

API原油在庫 (10月31日発表) -509万バレル
EIA原油在庫 (11月1日発表) -244万バレル

アメリカの原油在庫は大きく減少しました。
ただ、予測されていた減少量は下回ったため、
原油価格には大きな影響を与えませんでした。

<金・銅>

ニューヨーク金先物 1276.69

アメリカ金先物は上昇、
上述の通り、パウエル氏指名の可能性によって、
ドル安が進み、金が上昇しています。

LME銅 6883.0

日本銅建値は、1日にマイナス2万円の82万円に改定されました。
LMEは1日に反発で強い上昇傾向を示していましたが、
本日は再度下落に転じています。
差し引きでは、日本銅建値計算上1万円上げの相場となっています。


<株式>

11月1日のダウ平均株価は続伸。

アメリカでは、週明け発表されるADP雇用統計が、
高水準に達すると予測されており、
アメリカ企業前期報告が好調であることと合わせ、
楽観的な見通しが広がっています。

2日の日経平均も好調で、2万2500円を突破しました。
日経平均が2万2500円を超えるのは21年ぶりになります。


<ニュース>

トランプ大統領の娘である、イヴァンカ大統領補佐官が、
大統領の訪問に先駆けて来日しています。

日本では1日、第4次安倍内閣が発足しました。

民進党の小川幹事長が、息子の逮捕を受けて離党しました。

オーストラリアでは、ウルル(エアーズロック)への登上が、
2019年を持って禁止されることが決定しました。

(11/02 18:00)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.