中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

9月22日先物相場動向

|トラックバック(0)|

WTI原油先物   50.59
Brent原油先物  56.14

API原油在庫 (9月19日発表) +144万バレル
EIA原油在庫 (9月20日発表) +459万バレル

原油先物には大きな変動はなく、50ドル台を維持しています。
22日にはOPECが、その他非加盟国と原油減産に関する会議を行う予定で、
会議の内容発表待ちの傾向が強くなっています。

ニューヨーク金先物 1300.71

金先物はやや上昇し、1300ドル台を回復しました。
現在金相場に影響を与えてるのは、北朝鮮問題とアメリカ利上げで、
9月8日には1360ドル台に達していましたが、その後は下落傾向を示し
特に、FOMCが年内利上げ方針の維持を発表したことによって大きく下落しています。

LME銅 6401.0

21日、JX銅建値は1万円上げて、77万円となりました。
ただしLME銅は引き続き下落傾向を示しています。
下落の要因としては、近日銅相場上昇の原因となっていた、
アメリカドル安傾向が止まったと市場に判断されたことが挙げられています。

<ニュース>

トランプ大統領の国連演説に反発する形で、
北朝鮮が強硬姿勢を示しています。
今後北朝鮮が何らかの動きを示した場合、相場も大きな変動を示すと予測されます。

(09/22 11:47)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.