中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > ニュース > 2014年中国移民人口:55万人で世界最多となる

ニュース

時事オピニオン


2014年中国移民人口:55万人で世界最多となる

|トラックバック(0)|

 2016年9月29日、経済協力開発機構(OECD)が、最新の移民報告書を発表した。

 報告によると、2014年の世界移民人口は、2013年から10%増加し、480万人に達した。
 移民を最も出した国家は中国で、55万5000人を占めている。第2位はルーマニアの34万4000人。第3位はポーランドの30万2000人。 
 一方、移民先として最も人気があった国家はアメリカで、101万7000人を受け入れた。次いでドイツに57万5000人。第3位はイギリスの31万2000人となっている。

(China Press 2016:IT)

(09/29 17:40)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.