中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > ニュース > 中国政府系メディア:中国経済に対する悲観的な見方に警告

ニュース

時事オピニオン


中国政府系メディア:中国経済に対する悲観的な見方に警告

|トラックバック(0)|

 2016年1月27日、中国メディアが、中国経済の暴落に反対する見解を相次いで発表している。

 1月21日アメリカの投資家、ジョージ・ソロス氏はアメリカメディアの取材に答え、中国経済のハードランディングは避けられないとの見解を明らかにし、アジア通貨を売却する方針を示した。
 その後、新華社や人民日報などの中国政府系メディアが相次いで反論発表。その他の中国メディアも同調する文章を相次いで発表している。

 23日には新華社が、「中国経済の転換は全世界投資者の知恵と勇気を試している」と題した英語文章を発表した。同文章では、現在一部の人間が中国市場が危機的な状況にあると認識し、投機的な行為を行っていると指摘。その上で、粗暴な投機行為や悪質な空売りを行う投資者はさらに大きなコストを支払うか、最悪の場合は法律的な処分を受けることになると警告している。
 新華社は24日にも、人民元を空売りするものには「死以外の道はない」と再度警告している。
 25日、人民日報の海外版が、「中国経済の没落を唱えるものは、最終的に市場に敗北する」と題した文章を発表している。
 26日には、。また同日、中国国家統計局の王保安局長も、ソロス氏の発言は1人の発言に過ぎず、中国経済が長期的に良い方向に向かっていることは、事実が示していると述べている。


(China Press 2016:IT)

(01/27 12:19)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.