中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

トップ > ニュース > 習近平主席:アラブ連盟本部で「一帯一路」建設を呼びかけ

ニュース

時事オピニオン


習近平主席:アラブ連盟本部で「一帯一路」建設を呼びかけ

|トラックバック(0)|

 2016年1月21日、現在をエジプトを訪問中である、中国の習近平国家主席が、カイロのアラブ連盟本部において講演をおこなった。

 席上、習近平主席は、「共に切り開く中国―アラブ関係のすばらしい未来」と題した講演をおこなった。
 主席は、中国とアラブ国家は、古来よりシルクロードを通して交流があり、親近感を持っていると指摘。現在中国が推進している「一帯一路」を共同で建設していくことを呼びかけた。

 パレスチナ問題については、中東の平和に関する根本的な問題であると指摘し、中国がパキスタンの民生を改善するため、5000万元(約9億円)の無償援助を行う方針であることを明らかにした。
 またシリア問題に関しては、シリア、ヨルダン、レバノン、リビア、イエメンに対して2億3000万元(約41億円)規模の人道援助を行うと説明した。

(China Press 2016:IT)

一帯一路:中国が進めている新たな2本のシルクロードを構築する計画。「一帯」が、中国から中央アジア、中東を経由してヨーロッパを連絡する、陸上の「シルクロード経済ベルト」。「一路」が、中国から東南アジア、西アジア、アフリカを経由し、中東、ヨーロッパを連絡する、海上の「21世紀の海上シルクロード」を意味している。

egypt-1002919_640.jpg

(01/22 12:33)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.