中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】


トップ > 経済総合 > EU:中国反独占調査の公平性に対する疑念が増している

経済総合

TOP政策農林水産


EU:中国反独占調査の公平性に対する疑念が増している

|トラックバック(0)|

 2014年9月3日、中国EU商会(The European Union Chamber of Commerce in China )が、中国で進められている反独占調査についての意見を明らかにした。
 中国EU商会はEUが中国市場に進出する企業を支持するため設立した組織である。

 まず、中国EU商会は中国における反独占法の執行は、中国市場経済の発展に有益であると認めている。
 しかしその一方で、EU業界が、外資系企業に対する調査が公平に行われるかどうか疑念を強めているとも述べている。
 その上で、EU商会は中国は調査の透明性を維持し、消費者の利益と商業界への公平な待遇を原則として、反独占法の実施すべきであると指摘した。

(China Press 2014:IT)

(09/03 11:35)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.