中国の情報満載!中国新聞情報から中国株・中国元など投資情報まで【ザイロン チャイナプレス】

9月11日:日本市場動向

|トラックバック(0)|

9月11日、日経平均株価は1.38%上昇し、19541.36で取引を終えた。

週明けの日本株は大きく反発。
北朝鮮の建国記念日である、9月9日(土曜日)が何事もなく終了したため、
地政リスクが低下したとみられ、買いが広がった。

セクター別にみると、特に電気、ゴム、医療品が大幅な上昇を示している。
個別株では、チタン工業が最大の上昇。同社はリチウム電池関連株として買われている。
一方、近日上昇を続けていた軍事関連株は確定売りの為、下落傾向を示した。

今後の注目点としては、国連で北朝鮮に対する制裁決議が採決されるかどうかが挙げられる。
採決された場合、北朝鮮が対抗措置を取る可能性がある。

******************************************************************************

この記事は情報提供を目的とし、取引の断定的判断を促すものではありません。
お取引における最終的な判断は、お客様自身で行うようにしてください。
この配信メールにより生じる一切の損害について、当社は責任を負いません。

配信情報、配信内容に関しましての著作権は日中交流サービスセンター株式会社 に帰属し、無断転載を禁じます。

******************************************************************************

(09/11 16:48)

関連記事

powered by weblio





チャイナプレスを登録

最新のトラックバック

現在この記事のトラックバックはありません

人気記事ランキング

>>>人気記事ランキングTOP15



Copyright c 2007 China Press. All rights reserved.